50代から始めるブログ  

現役編集者によるおすすめ本や漫画の紹介。ブログをレベルアップするための悪戦苦闘もレポートしています

中学生男子の足毛事情 その2

どうも、tamaminaoです。

少し前に中学生の恋愛事情と足毛事情について記事をアップしました。今回はその続編なので、よろしければ、下記記事も読んでいただけると嬉しいです。

 

tamaminao.info

うちの息子は現在中学3年生。思春期まっただ中なのですが、足の毛のことを気にしています。「みんなツルツルだ」という息子の発言が信じられず、「男子は剃らなくてもいい」と古臭い返しをしていた私(50代)なのですが、上記記事で皆様が書いてくれたコメントを読んで、もう本当に目からうろこ。

男子も毛の処理をする時代なんだ!!!!

息子が言っていた「みんなツルツルだから」は誇張じゃなかった!!!!

そんな真実を50代母、初めて知ったわけです。

f:id:tamaminao:20210923112145j:plain

どのグッズを使いたいか息子と相談

時代に少しだけ追いついた母は、息子に、謝りました。

そして、みなさんが教えてくれた処理グッズを提示して、「どれ試してみたい?」って聞きました。「エステ行ってみる?」と言う案も提示してみました。

すると、いきなりの母の変貌と「毛の処理」という微妙な案件にグイグイ来る親にひいたのか、「いや、そんなじゃないし…ちょっとまぁ考える…」という微妙な答えが返って来ました。恥ずかしいのかも知れないし、少し様子を見よう、と思っていたら、しばらくたったある日、ふと風呂上りパンイチの息子の足を見ると、

膝上からお尻までの毛がツルッとなくなっていて、膝から下部分はボーボーのまま、という面白過ぎる状態になっていてΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) 「ちょっと、どうしたのそれ!!」って聞いたら…

息子がえへって笑って、お風呂においてあった、使い古しのカミソリで試しにやってみた、っていうのです。

f:id:tamaminao:20210923112932j:plain

「あんなさびたの使わないで! それに、カミソリ共有したらダメだから!!」って言って、あまりに哀れで、すぐに、ムダ毛処理グッズを買ってきて、「これを使ってみて」って渡したんです。

 

こちらを買ってみました!deshouneさんがコメントが教えてくれたすきカミソリです! ありがとうございます!!

 

そして、次の日足を見たら、今度は膝から下が! 

右足だけツルツル✨ 左足ボーボー

それなら両方はやしておけや!!!というとんでもないことに…( ;∀;)( ;∀;) 

それで短パン履いていったら、事件だから。君、注目の的だよ!!!

 

不器用だと難しい、毛の処理

両足に使ってみたけど、うまくできなかった、って本人は話しており…初めてやることだしどうも上手に使えないでいる様子。

「お母さんがやってあげようか?」って聞いたら、それはさすがに拒否られました。不器用だと毛の処理も難しいんですね……

男子の親のみなさん、息子さんは、自分でキレイにちゃんとできているのでしょうか。

 

f:id:tamaminao:20210923112559j:plain

 

友人に脇毛を披露してしまった中学生時代

自分を振り返ると、女子の場合は毛処理問題は緊急避難事項ですよね。

生えているのが普通で当たり前のことだというのに、例えば学生時代、授業中に手をあげたときに、ごそって腋毛が出たり、体育の着替えの際になびかせてたりしたら…何でか周囲はドン引きになりますよね。面倒くさ…

女性の方々は分かると思うのですが、生えてきたら剃らねばならない。そんな恐怖と使命感にがんじがらめにされて、生きる=毛との格闘、みたいな人生を歩んできたわけですよ。

f:id:tamaminao:20210923113146j:plain

「毛との格闘」にまつわるエピソードは色々あるのでが、今でもよく覚えているのは、中学生の頃。

「あの子は毛深い」とか「どうやってムダ毛処理をしているの」とか、毛にまつわる話が頻繁に出る時代でした。なぜか私は右脇にのみ脇毛がなく、つるっとしていたので、毛深さに悩む子が多い中、「剃らなくても毛がない右の脇」というのが自慢でした。

友人間でも「羨ましい」という言葉がよく寄せられ、ある日、本当に毛がないのか実際に見せてみろ、と友達数人に迫られました。

「仕方ねぇな。この天然ツルピカ脇をみせてやるよ」というノリでブラウスをめくって脇を出し、友人数人がのぞきこんだのですが(どういうシチュエーションだ!)、

何でか間違えて、毛が生えている方の左脇を見せてしまったんです!!!(注)処理前でした

 

他人に腋毛を至近距離で披露! しかも思春期に!!! 

当然、場は騒然となりました。

「嘘つき!生えてるじゃん!」

「脇毛みせるなよ! キモイ!!!」

 

そんな反応が錯綜し、私はパニックに。慌てて再度右脇をめくり、友人たちにのぞきこませました。

「ほんとだ、生えてない」

「マジ? ツルツルだ!!」

ふぅ…危ないところで、無事名誉を守りました(いや、守ってないよね…)

 

f:id:tamaminao:20210923113613j:plain

 

脇毛を至近距離でさらすという貴重な経験

学校の教室で(そう、この一連の事件は教室でした…)、腋毛を至近距離で見せる、という大変な事態になってしまった私。当時はなかなかのトラウマとなり、今もあのときの友人たちの「キモイ」等の声を思いだすと、心がざわざわします。

あれが今だったら、かすり傷一つ心には残んないんですけどね…

思えば遠くにきたもんです…

 

今日はちょっと軽め?にこのくらいで。

最近ブログの更新頻度が空いてしまう上に、なかなか書評が書けず。日々本は読んでいるんですが、書評を書くなるとどうしても時間がかかってしまうんですよね…。どこかでまとめて書きたい、と思っているのですが。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

はてなブログの方は、読者登録をお願いします♪

 

 

★★子育てネタ、他にも色々書いています★★

 

tamaminao.info

 

tamaminao.info

 

tamaminao.info

 

tamaminao.info

はてなブログの方は、読者登録をお願いします♪