50代から始めるブログ  

現役編集者によるおすすめの本や漫画の紹介です。

tamaminaoのおすすめ本

恋愛妄想を満たしてくれる「都合のいい」イケメン? 『東京ネバーランド』(吉川トリコ)

どうも、tamaminaoです。 ブログが3週間ほど空いてしまいました。最低週1でアップしたいと思うものの、なかなか時間が取れず…。皆さんのところにも読みに行けていず、申し訳ありません。 ちょっときっかけがあり、現在、お金関係の整理整頓に力を入れてい…

朝井リョウ『何様』から学ぶ、調整力=仕事力

どうも、tamaminaoです。 先日朝井リョウさんの小説『何者』(新潮社)の感想を書きました。大学生の就活をテーマにした小説で非常に面白かったので、早速、続編の『何様』(新潮社)も読んでみることに。今日はそちらの感想を書いてみたいと思います。 tama…

朝井リョウ『何者』から考える、SNSとの付き合い方

どうも、 tamaminaoです。今日も音声入力と手入力の合わせ技で書いています。 ブログをやっている皆さんは、かなりの確率で、SNSをやられているのではないかと思います。私自身も、仕事上でTwitter、Instagram、Facebookのアカウントを持っていますが、実は…

性格の悪い女ほど同性に人気! 世界の女性政治家を論じた『女たちのポリティクス』(ブレイディみかこ)

どうも、tamaminaoです。このところ目の調子が悪くて、ブログから遠のいていました。更新できないのはもちろん、皆さんの記事もなかなか読みに行くことができず…残念すぎます。 実は老眼が顕著に進み、スマホやパソコンを長い時間見ていると目に激しい痛みが…

今年度マンガ大賞受賞作『葬送のフリーレン』

どうも、tamaminaoです。 皆さん、永遠の命や若さがほしい、って思ったことありませんか? 実は先日ついに51歳を迎え、「お誕生日おめでとう」と祝われることに…あんまめでたくねぇな、などと卑屈な思いを抱えるようになりました。 もうこのあたりで止まり…

『3月のライオン』(羽海野チカ)最新刊が素晴らしい

どうも、tamaminaoです。 いきなり将棋の話しですが、昨日一昨日は豊島将之竜王と藤井聡太三冠の竜王戦7番勝負第一局目でした(2日制で行われます)。対局は見ていなくともテレビのニュースで御覧になった方もいることでしょう。 ちなみに竜王戦とは、読売新…

顔面偏差値の高い「祝福組」になれなかった少女の物語『くらやみガールズトーク』(朱野帰子)

どうも、tamaminaoです。 ようやく緊急事態宣言があけましたね。私はいつも通り近所の本屋に出かけ、後は家の中でまったり読書をして過ごしました。相変わらずのインドア派です。 今日は本日読了した『くらやみガールズトーク』朱野帰子(角川書店)を紹介し…

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)を読む

どうも、tamaminaoです。 家の中の本溜まりが激しく、部屋が荒れています。そのため「ハードカバーは図書館で借りる」という掟を自分に課していたのですが、新しい本はなかなか来ないし、自分の読みたい本が入るとも限らない。結局は今回も読みたい欲に負け…

コロナ禍でボーナスが2年連続カットされました

どうも、tamaminaoです。 コロナ禍の昨今、業績が悪化している業種は少なくないと思います。皆さんの会社はいかがでしょうか。そう、タイトル通りなのですが、私の勤務先は、2年連続でボーナスがカットになりました。全額です、全額カットですよ? つぶれる…

『シン・ゴジラ』で、石原さとみのエロさに心を撃ち抜かれる

どうも、tamaminaoです。 ここ数年読書ばかりで映画やドラマとは縁遠くなっておりました。しかし、ブログを始めてからというのもの、皆様が熱く楽しく映画やドラマを紹介する文章を読み、「私も久しぶりに見て見ようかな」という気持ちがむくむく。 そういえ…

『オーダーメイド殺人クラブ』(辻村深月)は「中2病小説」の傑作!

どうも、tamaminaoです。 昨日今日は読書三昧でした。前から読んでいたノンフィクションを読み終わり、さらに小説2冊が読めて大満足(;^_^A 今日は、特にめちゃめちゃ私好みだった、辻村深月さんの『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社)をご紹介したいと思…

78歳の生き様にしびれる! 『すぐ死ぬんだから』(内館牧子)

どうも、tamaminaoです。 ついにお盆休みのラストデイがきてしまいました。キャー。 明日から仕事だなんて嫌なこった…と思いながらも、既にいそいそとカバン準備したり早めにお風呂入ったりしちゃうんですよね。習性、とは恐ろしいものです。 お盆中は結構色…

アイドルという生き方~『アイドル、やめました AKB48のセカンドキャリア』大木亜希子(宝島社)

どうも、tamaoinaoです。 皆さんの中で、「将来アイドルになりたい」という夢を抱いたことのある方、いらっしゃいますか。私自身は子供時代から中2病を患う思春期に至るまで、未来の選択肢の中に、アイドルという存在が入ってきたことは一度もありませんでし…

週休5日を実現!『年収90万円でハッピーライフ』(大原扁理)

どうもtamaminaoです。 連休に入りましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょう。 私は初日から持ち帰り仕事があり、午後の時間はずっとパソコン前でした。結構な長文を書いたため、1週間ほど前から悪化している腰痛が疼いていますが…結局続いてブログに向か…

ブログを書く意味って? 『読みたいことを書けばいい。』(田中泰延)から考える

どうも、tamamionaoです。 先日、ブログ仲間のAKI (id:aki800)さんが、『読みたいことを書けばいい。』田中泰延(ダイヤモンド社)という本を紹介されていました。ブログを書いている人間なら「うん、分かる、分かる!」と共感することの多い考えさせられる…

図書館がもっと好きになる! 『希望の図書館』(リサ・クライン・ランサム)を読む

どうも、tamaminaoです。 昔から図書館が大好きです。 広々とした空間に整然と並ぶ書棚。その書棚にずらりと背を向けて、中身を隠しているのに、実は手に取られるのを待っている本たち。何てツンデレ……。うっとりと眺めながら「今日借りる本」を探します。 …

ショートショートの可能性は無限大!『余命3000文字』(村崎羯諦)の魅力

どうも、tamaminaoです。 昔から、短編小説(いわゆる「ショートショート」)が大好きです。古くは小松左京や星新一。またショートショートと読んでよいのか微妙ですが、川端康成の『掌の小説』なんかも好みでした。 小松左京短編集 大森望セレクション【電…

「世界最長の小説」に魅せられる! 『奇書の世界史』(三崎律日)を読む

どうも、tamaminaoです。 昨日のブログで、「今面白い本を読んでいる」と書いたのですが、それが今日紹介したい『奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語』三崎律日(KADOKAWA)。 // リンク tamaminao.info 作者の三崎律日(みさきりつか)さんは、歴…

どの科学者がタイプ!? 『恋する天才科学者』

どうも、tamaminaoです。 引き続き、数学、数学者、科学者への興味が私の中で沸騰しています。 バリバリ(死語ですか?)の文系で、びっくりするくらい計算とか苦手なんですが。今日息子に「確率」の問題聞かれて、「えっ、確率って何?」と答えたレベルなん…

映画「アイアンマン」のモデルはこの人 『イーロン・マスク 未来を創る男』を読む

どうも、tamaminaoです。最近自分の中で「天才」「ギフテッド」などがちょっとしたブームです。前回書いた数学者のお話も、その系譜です。 また、私は将棋を見るのが好きで、棋士の生き様を描いたルポや漫画や文学作品が大好物なのですが、考えてみたら、こ…

数学者は閃きと才能! 二宮敦人『世にも美しき数学者たちの日常』

ここ10年ほどのことらしいですが、数学関連の本がブームです。 私的にはこのブームに追いついた?のはここ最近のことで、きっかけはオンライン講座と動画。 『とてつもない数学』の著者永野裕之さんの講義をSchoo(スク―)で聞いたこと、中田敦彦さんのユー…

『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』(小林昌平) 人は人をゆるすことができるのか

どうも、tamaminaoです。 今日は息子の送り迎えのほかは、ダラダラと家で本を読みながら過ごしています。先日のブログにも書きましたが、連休直前の大腸検査で引っかかり、生検の結果待ちです。 tamaminao.info 相変わらずお腹の調子もよくなく、色々と考え…

スゴい漫画に出会いました!『夏目アラタの結婚』

ゴールデンウィークもついに最終日。 そしてもう時間は11時。あと6時間くらいで起きる時間になって、仕事なんですね(~_~;) 考えだすと、「あれっ、そういや、あの案件」とか頭の中にどかっと仕事モードが流れ込んでくるので、ドードー、と押し留めてます。ま…

ギバー、テイカー、マッチャー、あなたはどのタイプ? 『GIVE&TAKE 「与える人」こそ成功する時代』を読む

どうもtamaminaoです。 GWは始まりの土曜日に大腸検査を行い、小腸にびらんと炎症が見つかり…生検を行いました。結果は2週間も先になるそうで、心がもやっとする状況からの連休スタートです。 とりあえず何をしているかというと、体調優先で、基本ゴロゴロ…

10万冊以上!の本を収集する読書家は、もういない

どうも、tamaminaoです。 今さらですが、本が好きです。大好きです。 多分、本がないと生きていけません。 しかし、このところ老眼が進み、読書に影響が出始めました。何歳まで本が続み続けられるんだろう、そんな不安を感じる中、手に取ったのが、 津野海太…

雑誌『Number』の将棋特集がすばらしい

どうもtamaminaoです。 藤井聡太二冠のおかげで、将棋ブームがますます過熱しています。以前の記事に書いたのですが、私はいわゆる「観る将」です。 tamaminao.info 「観る将」とは自分では将棋を指さない(指せない)けれど、テレビやネットの将棋中継を観…

美人とイケメンが得をする!「ルッキズム」について

先日、『ブスのマーケティング戦略』(田村麻美/文響社)という本をこちらのブログで紹介したのですが、その際に友人から「ルッキズム」という言葉を教えてもらいました。 ブスのマーケティング戦略 作者:税理士・田村麻美 発売日: 2018/12/07 メディア: Ki…

年を取ること、老いていくことは、未知との遭遇

「年を取っていくことは、本当に初めての経験で、未知のことだらけ」 まだ40代だった私に、一回りほど年上の友人が言った言葉です。 当時は「なんだか不思議なことを言ってるな」という感覚で、あまりぴんと来なかったのですが、最近は折につけ彼女の言葉を…

ホラー漫画界の鬼才、伊藤潤二の『人間失格』がすごすぎる!

どうも、tamainaoです。 昨日の記事にも書きましたが、体調の悪い毎日が続いています。 tamaminao.info 特に週末は横になることが多いのですが…それはイコール本漬けの日々。なかなかブログへのアップができない状況ですが、今日は「これはすごい!!!」と…

思春期男子には恐ろしすぎる女子からの質問 

どうも、tamaminaoです。 今日は学校で息子が女子から受けた「恐ろしすぎる質問」について書きたいと思います。 下ネタです。繰り返しますが下ネタです。 休み時間のこと。ゲスな話が大好きなある男子が、何かの盛り上がりから、 「ま〇こ!」 などと大声で…