50代から始めるブログ  

現役編集者によるおすすめ本や漫画の紹介。ブログをレベルアップするための悪戦苦闘もレポートしています

人生初のPCR検査(陰性)~この時期、熱を出すと大変です!!~

どうも、tamaminaoです。

今日は熱があるので横になりながらスマホを使っての投稿です。元気がないので、写真も必要最低限入れています。

f:id:tamaminao:20210530224253j:plain

体調不良の始まり

体調不良の始まりは先週火曜日の夜から。夜になって熱が上がり始め、最高38度くらいまで上がってしまいました。

しかも、胸の中央が猛烈に痛くて食べ物が飲み込みづらく、呼吸も苦しい。その上、喉も痛く左側の首後ろのリンパ説部分全体が腫れぼったく押したら激痛、首がうまくまわらず寝返りもキツい状態でした。

 

ここまで読んだ皆さんは、あれかい、もしかしてあれかい!と浮かんだことでしょう、私も当然心に浮かびましたよ。えっ?マジ?もしかして

コ、ロ、ナ!!??😱😱😱😱

 

f:id:tamaminao:20210120193423j:plain

コロナに加えて心筋梗塞の不安

そんな不安に苛まれる中、首のリンパよりも胸の痛みの激しさがガンガン増してきました。

胸中央のみぞおち部分を強い力で圧迫されるような針で刺されるような痛み!!

もともと不整脈のある私はその薬飲んで何とかかんとか踏ん張って様子見てたんですが、痛みは一向に取れず横になると悪化、起き上がって動くと更に悪化。胸をさすりながらじっと座って何とか我慢するしかなく、もしかして心筋梗塞!?と不安は頂点。

眠れずに痛みと戦っていた12時頃、「これは朝までは無理だ…」と観念し、熱がある状態であることをしっかりと伝え、ついに救急車を呼んでしまいました。

f:id:tamaminao:20210117191312j:plain

受け入れ病院が難しい

で、到着した救急隊員さんからは、当然まずはコロナのことをあれこれ聞かれました。近くに濃厚接触者はいないか、咳出てないか、味はあるか等々。これ、オールNO!!だったんですよね。

よし、じやあどこが受け入れてくれるか、となったんですが、クラスターになっている病院もあり、大きい病院は軒並みダメ。で、ついに名前が上がったのが、救急、と名前はついているものの、地域では「何もしてくれない病院」として有名な某F病院。夜中や土日だけ空いていて、他の病院が空いていないときに対応してくれるのですが、設備等も乏しく、今までだったら救急車が行くことはほぼなかったと思われます…

あそこか……。私は覚悟を決めましたよ。40度の熱の息子を連れて駆け込んだ時に、「明日、かかりつけで見てもらったらいいんじゃない」(医者の言葉ですよ)と言われたあの病院。

皆様の地域も医療の逼迫状態はいかがでしょうか。今時期に救急車呼んでも、受け入れ先は難しいんだ!ってしみじみ思いました。

 

f:id:tamaminao:20210117203018j:plain

熱が上がったのは気持ちのせい!?

さて、病院につき、まずは心電図を取ってくれたものの、それが特に問題なかったんですね。そしたら、「更年期障害の心因的なものだろう。強い安定剤出しておくから」と言われ、すぐ、終わりそうだったので、慌てて、熱が38度あり左の頭側もものすごく痛いこと伝えたら、「胸が痛くて不安になったから、一緒に熱が上がったんじゃない?」と、えっ?そんなことあります??というなんだかよくわからない答えが。しかも。院内にはデカデカと

PCR検査できません

と貼られてある!!!

 

仕方なくその場で安定剤飲み、そしたらたしかに胸の痛みは少し楽になったので、それについては感謝して一旦家に帰ったのですが、次の日の朝、リンパと喉の痛みはさらに最高潮に。しかも身体のだるさもひどい。やっぱり熱もある。

 

行きつけの病院にどうしたら良いか相談

結局はPCR検査してもらってないし、一体どうしよう、そもそも熱ある状態で病院は引き受けてくれるのか、と不安になりながら、まずは行きつけの病院に相談してみました。そしたら、車内で窓越しからの診察でよければ、まずは診てみましょう、と言ってくれたので行ってみることに。具合悪い中車内で二時間待ちましたが😓😓😓

やがて先生が車まで来てくれて、私は運転席。窓だけ開けて、症状について説明し、そこから先生が手を伸ばして痛い首の部分やリンパ節を診断。唾をのんでも痛い喉の奥を見てくれることはなし。だいぶ前にいった別の病院でもそうだったなあ。リスク高いから喉は診察したくないのでしょうね。きっと。

 

で、結局どうなったかというと、痛みの訴えがあり熱が高い割には、触ってもリンパ節の腫れが見られない、とのこと。原因がよくわからないから、大きい病院でちゃんと診てもらった方がいい、となりました。咳出てないし所見としては薄いけれど、念のためPCR検査はやっておいた方がよい、となり、PCR検査も診察もしてくれる大きい病院に紹介状書いてもらうことに。

 

予約まで取ってくれて大変にありがたかったのですが、日程が最短で二日後😖😖

うー。つらい……2日寝てるしかないの…。

しかもその間家庭内は万が一に備えて私との接触避ける厳戒態勢。しかしこの熱ではどの病院もまともに診てくれないし、何とか今日明日を乗り越えてここへ行くしかない!😖😖😖

 

人生初のPCR検査

これまた、PCRは車内でやります、とのこと。車大活躍。田舎だからみんな車移動だけど、都会ではどうしてるんでしょう、こんなとき。

とりあえず病院側が指定してきた駐車場に止めて病院に電話。程なくして、検査バッグのようなものを抱えた看護師さんがやってきました。

今回のPCR検査は、唾液でウイルスを検査するタイプ。比較的結果が早く出るものです。

 

看護師さんから渡されたのは、直径3、4センチくらいの、蓋つきの丸いシャーレ。蓋を開けて、その中に唾を入れるというものです。やり方は、

  • 顎を下に数分さげて口内にぐーっと唾を溜める
  • ある程度溜まったら、シャーレ内に、ダラーっとその唾を垂らす。
  • ぺっ、ぺっ、とやるな、と書かれていました。あくまでもダラーっと垂らせ、と。

2回程度溜めたらOK、と書いてあったので、これくらいでいいかな?となったシャーレを、車のすぐ近くに立っている看護師さんのところに持っていきました。

すると、まだ足りない、と言われ、再度車に戻って、唾ためてダラーッと垂らすことを繰り返す羽目に!!!これ、周りの窓から見えるんですよ!! どうにかして見えないように、車内に潜るようにしてやりましたが。

しかも!看護師さんが立っている場所がエントランス前のなかなかに人が通る場所で、そこに届けて、看護師さんがシャーレ左右にゆすって唾の量チェックするんですが、2回目のときは、何やってるの?的にじーっと見てる人もいて!!!!

シャーレの上にはPCRって書いてあるんですよ??

はらはらして、思わず、「あの、ちょつと周りに人がいるんですが💦💦💦」って言ってしまいました。

私が濃厚接触者でないから、念のための検査だってことで、あのような状態なのでしょうか?

 

結果は無事陰性

結果出るまで二時間かかる、ということで

一旦家に帰り、結果は無事陰性!!!

 

ああっ!!よかった😂😂😂 もう、本当に心からほっとしました。

しかし!!ようやく!ここからが始まり。本番。やっと診察してもらえることなったのです。

実は💦この後の診察も色々あり、検査、検査、検査、検査……で、朝8時半にいって終わったのは何と5時半!! 仕事より疲れたよ……

しかも、分かったのは炎症反応が高い!!というそれだけ。

つまりどこかに炎症はあるのですが、結局どこが悪いのかわからず、検査結果出るまで薬はだせない、という結果に。ここまで待たされて、会社も休んで…また振り出し!? まじかよ、オーノー!!!

 

今日も一日熱さまし飲んでだましだまし過ごしました。まだ7度7分くらいまで上がってしまうんです😖😖

 

三日も休んで仕事も山積み。でも明日も行けないよね、これ(大涙)。

 

この時期、高熱が出たらどうなるか!

皆さんの参考に、と思い書きました。基本は、まずはPCR検査を受けてシロクロつけること…そこをクリアしないとなかなか診察は難しいです。そして、保健所以外でも、PCR検査をやってくれる病院はふえているので見つけておくこと、これが大事だなぁって思いました! 私の教訓からでした。

続編はまた後日書きますね。今日はまずはもう寝ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様もくれぐれもお身体お大事に!!

はてなブログの方は、読者登録をお願いします♪